「消化酵素」と「代謝酵素」

酵素とは?

「酵素」ってどういうものかわかりますか?
まずここを理解しておく必要があります。

 

酵素とは、生命活動そのものに関わってくる重要な栄養素です。
成長や活動など人が生きていく上で大切な活動に深く関わっています。

 

消化器、肝臓、腎臓、肺、筋肉、血液、脳などなど…
あらゆる組織の中に、さまざまな酵素があります。
そのそれぞれの持ち場で、酵素は活躍。体内のあらゆる機能の要です。

 

酵素なくして生命活動を維持できない!
それぐらい重要な栄養素なんです。

 

酵素の種類は?

 

体内にある酵素は、大きく分けて「消化酵素」と「代謝酵素」の2つがあります。
それぞれを説明していきます。

 

消化酵素

名前が示すとおり、食べ物の消化や分解、吸収などの働きを担う酵素です。
有名な所でいいますと、唾液などに含まれる「アミラーゼ」がそう。
アミラーゼ以外にも胃液には「ペプシン」腸液には「マルターゼ」などが体内にある消化酵素です。

 

代謝酵素

体内の代謝に深く関わってくる酵素です。
例えば、新陳代謝を促進させたりですね、それぞれの細胞に栄養素を運んだり
デトックスに作用をしたり、自然治癒力や免疫力を高めたり、筋肉を動かしたりするのもそう。
体内にある様々な機能が問題なく働くために、とっても大切な役割を持っています。

 

 

 

「消化酵素」と「代謝酵素」の関係について

 

「消化酵素」と「代謝酵素」のバランスがとても大切。
というのも、「消化酵素」と「代謝酵素」は生産される量が一定量なんです。
一定量といっても『消化酵素がこれだけ、代謝酵素がこれだけ』
というのではなく、体内酵素全体の量という決まり方です。

 

その中から「消化酵素」と「代謝酵素」を作るというわけ。
作られ方としては「消化酵素」が優先されます。

 

は?と思っていませんか?
ついてこれてますか?

 

どういうことかというと、
優先される「消化酵素」をたくさん作ると「代謝酵素」の生産量が減るってことです。
重要なのは、どちらかと言えば「代謝酵素」の方なのにです。

 

だから、消化しにくいお肉や食べ放題などで食べ過ぎると「消化酵素」の生産量が多くなります。
つまり、「代謝酵素」の生産が減ってしまうってこと。
そうならないためにも、「消化酵素」を節約することが重要になってきます。

 

消化酵素を節約

体内酵素の藩士をしてきましたが
実は、酵素は体内だけでなく、食物の中にも存在しています。
「食物酵素」。
それがそうです。

 

酵素は、「熱に弱い」という性質があります。
50℃以上では酵素の働きが悪くなる、というか活動できなくなります。
だから、食物酵素は「新鮮な生の食材」や「発酵食品」にしか含まれていないんですよね。

 

料理に添えられる野菜として、「トンカツにキャベツ」「焼き魚に大根おろし」
定番としてありますよね。
あれは意味があって、消化しにくい肉や魚の消化の手助けをしているんです。
「食物酵素」を含む生野菜をつけ合わせることで。

 

こう感じで、「消化酵素」を節約出来ます。
そうすれば「代謝酵素」の生産量も増加。
新陳代謝が向上して、自然治癒力や免疫力が高まっていって、健康な体になれるというわけです。

 

こういった酵素を摂りやすくしたのが、酵素ドリンクです。

当サイトの人気酵素ドリンクのランキングです