酵素ドリンクダイエットで3日間断食するときのポイント

酵素ドリンクによる断食は、3日間が理想とも言われています。
断食ダイエットは短期間で効果がとても出やすいのですが、チェックしておくポイントがあります。

 

スケジュール

まずはスケジュールです。
準備期を1日程度として、断食に3日、復食期として3日を考えましょう。
3日とはいえど、かなりきついと思います。
まずは準備期をしっかりと乗り切ることがポイントです。

 

酵素ドリンクを使った断食ダイエットでは、酵素ドリンクの種類によって方法が違います。
たとえば、一日に何回かに分けて酵素ドリンクを飲む方法や
野菜ジュースやフルーツジュース、玄米ごはんを食べてもよいという方法もあります。
3日間の断食は、けっこう厳しいので、自分に合う方法を行いましょう。

 

断食中は空腹が最もつらいです。

このときに酵素ドリンクや野菜ジュース、フルーツのジュースなどで乗り切ります。
ただ、酵素ドリンクを使った断食では、「空腹感があまり感じられなくなった」という人が多いです。

 

水も摂ることが大事。

この3日間の断食では胃腸の働きが休まる分、他の活動が活発化。
さらに、酵素ドリンクに含まれている凝縮された食物のエキスの働きで
デトックス効果も期待でき、血液循環もよくなります。
なので、水をこまめに飲んで排出を促しましょう。
その際、できるだけカフェインなどが含まれている飲み物は避けましょう。

 

3日間の断食が終わったら

3日くらいの復食期をもうけ、ゆっくりと通常食に戻します。
この時に3食の食事のうち1〜2食を酵素ドリンクに置き換えながら
徐々に通常食に戻す方法もあります。

 

酵素ドリンク以外の食事は、お粥など消化が良いものから行います。
徐々に戻していく時には、脂質の多いものは避けて下さいね。
梅干しなどの漬け物、みそ汁、お粥や玄米などを組み合わせましょう。
この復食期の食事がリバウンド予防になります。
3日の断食では、この復食期がとても重要。

 

 

デトックス効果が高い断食。
生活習慣を改めるためには、とても効率がよい方法です。
その結果、短期間で体重が減りやすいのですが、
あまり数字だけに囚われないことも大事になります。
そのへんは上手にバランスを取って下さいね。

当サイトの人気酵素ドリンクのランキングです