ダイエットを楽しむための体重の記録の仕方

ダイエットが楽しくなるのは、結果が出てきたときです。
ダイエットの最中はたとえ100gでも減っていれば、ダイエットを持続するためのやる気になります。

 

習慣化

ダイエットの期間は、体重の計測を習慣化しましょう。
そして、毎日同じ時間に計る。
自分が計りたい時間に計るのが良いと思います。
朝起きた直後やお風呂上がりなどです。

 

また条件もそろえましょう。
トイレに行った後に、裸で計るなど。
いつも同じ条件で計ります。

 

記録

毎日量った体重を記録しましょう。
例えば、目標は1ヶ月に3kgだとします。
毎日計っても、一日で3kgは落ちません。
ですから週単位、一日単位の目標をたててみます。

 

1ヶ月に3kgなら、1週間では700g程度。
これを毎週クリアできれば、1ヶ月で3kgは落とせます。
これが2ヶ月続けば、6kgのダイエット成功です。

 

体重計

体重は最小単位が50gで細かく計れるものにして、細かく記入していきましょう。
数値を細かく記録すると、一喜一憂してしまいますがちですが
ポイントで達成目線をしっかり持って下さい。
1ヶ月で3kgのダイエットと考えるより、1週間で700gと考えた方が
気負わず、簡単にチャレンジできます。

 

また途中で、体重が思うように減らなくても、このくらいなら次に減らせる
そんな前向きな気持ちになりやすいのではないでしょうか?

 

記録する事はとても大事です。

体重計と連動して、パソコンやスマートフォンで管理するものもあります。
紙で記録を管理するよりも、集計しやすく推移も一目瞭然です。
記録は簡単にできる体重計を使いましょう。

 

結果が出てくると、億劫だった毎日の体重測定も楽しみになってきます。
もちろん体重だけでなく、サイズも記録しておくことも大事です。

 

自分の目標の体重に届いても、スタイルが気になるという人もいます。
体重は気にならないけど、スタイルが良くなりたいと言う人もいます。
そういう人は、メジャーで気になる部分を計測してみましょう。
印をつけていつも同じ箇所を計測できるようにして
体重と同じように記録して管理しましょう。

 

ダイエットは結果がすぐには出ません。

地道な努力が必要です。
しかし体重を計測することは、結果が数値ではっきりと見えます。
よく仕事の効率をあげるために「見える化しよう」といわれますが、ダイエットとて同じ。
見える化、記録はダイエット成功の道標です。
体重を計って、ダイエットを楽しく成功させましょう。

当サイトの人気酵素ドリンクのランキングです