ダイエッターには、どんな体重計がいい?

ダイエットを始める前は、体重計には乗りたくないですよね。
しかしダイエットを決意したら、思い切って体重計に乗ることが大切です。
現実を知ることで、ダイエット成功に向けて対策を立てれますからね。
まずは体重計に乗りましょう。

 

自分の体を知る

体重計で自分の体のメカニズムを知ることは大切です。
毎日同じ時間に、同じ条件で体重を測ることで、
1ヶ月のうち、いつ増えやすくて、いつ減りやすいのかが把握できます。
そのためには、体重を記録できるタイプの物を選びましょう。

 

自分で紙に書いて記録するのもいいですが、
最近では、体重計に記録できるものがほとんどです。
さらにはスマートフォンのアプリと連動して、体重を記録。
グラフ管理できる体重計もあります。

 

自分の目で体重の推移をチェックするのはとても大事です。
パソコンで管理できると楽ですよね。

 

体重計では、

体重や体脂肪測定は、今や標準になっています。
最近では筋肉量や、基礎代謝量、体の水分量まで測定できる機種も増えています。
これは体重だけでなく、健康全般を管理するためにも、貴重なデータです。

 

基礎代謝量や体の水分量を知ることができると、ダイエットの目安として
目標とする運動量が算出できたり、太ってる原因が脂肪なのか、むくみなのか理解しやすくなります。
そうすると、運動すれば痩せるはずなのに結果が出ない人も、
実はダイエット方法が違っていた、なんてことも分かるかもしれませんね。

 

ダイエット中は

100gでも一喜一憂してしまいます。
なので、50g単位で細かく測定できる体重計が、やる気持続のポイントです。
50gはおよそ卵1個分の重さ。
ダイエッターなら、たとえ50gの変化であっても見逃したくないもの。
そこまで精密なら、体重の誤差もほとんど解消されていると考えられ
正確に計測できると思います。

 

自動で

電源がONになり、計測時間も速い、手間いらずな体重計が便利です。
スイッチを入れて、正確に計り終えるまで待つのが億劫な人には、
スピーディに計測してくれる体重計がおすすめ。
ダイエット中は、体重計に乗るのは気が進まないものですが
速攻で測ってくれると、余計なことを考える暇もありません。
なので、体重計測も快適にできそうです。

 

体重計はただ体重を計る機械から

健康を管理できるバロメーターとして活用できるようになりました。
ただ機能がありすぎても、持て余してしまいます。
やはり自分の体重がより正確に素早く計測できて、
体重の推移がしっかり管理できる体重計がおすすめです。

当サイトの人気酵素ドリンクのランキングです